読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽とまちづくり〜やっちゃえ!ジブン

横浜都筑のまちでコミュニティカフェやったり、音楽したり。こどもたちとまちづくりしたり。

救急車を見る度、思いだすこと。

交差点を救急車が横切ろうとしていた。救急車を見る度、出産のことを思いだしてしまう。私は、陣痛が20分おきになっても、まだ、アレンジの仕事をしていた。出産したら、しばらくできないな〜と思っていたから、ぎりぎりまでやっていたのだ。5分おきになった…

音楽は、ほぼヤマハで勉強した!

私はこどものとき、音楽においてさまざまな体験をした。家の近くの幼稚園の幼児科に入って鍵盤楽器に触れ、コンサートを見に行ったとき、「観る側」ではなく、「ステージの上に立つ側」になりたい、と強く思ったことを覚えている。あれは 5才か6才のころのこ…

忘れられないこと。

もうあれから何回目の2月がやってくるんだろう。私がI Loveつづきにかかわろうと思ったきっかけ、そんな大事なひとりだったKさん。私と同じ年で、同じ年の男の子がいて。共通点がたくさんあった。そして私といい勝負の頑張り屋だった。でも私よりずっと正確…

TODOをどうやって整理してますか?

久しぶりの更新です。いろんなことがありすぎて、ブログ更新はTODOの最後の最後になってしまうわけです。さほど深刻ではないけど、シビアな事件が次々起こる日々が続きます。みなさんTODOをどうやって整理してますか?タスクにはいくつか種類がありますよね…

しあわせな状態は、どこからくるものでもなく、自分で創る!

今年も誕生日がやってきて、またひとつ年齢が増えてしまった。 小学生のとき、誕生日会をしたいといったら、母がいいよというので、クラスのみんなに声をかけたら、友だち16人が6畳一間に集まってしまい、ケーキを追加で買いに行くという状態になった。みん…

私の青春かも。つま恋で練習漬けだった日々

つま恋がなくなってしまう。ある意味私の青春の場所だ。バンドをやったり、スタジオミュージシャンの駆け出しだった10代の頃。私は合宿やレコーディングで「合歓の郷」や「つま恋」をつかった。 どちらにも1バンドが練習できる五角形っぽいアンサンブル棟と…

白い鳩に関する、奇妙な体験

まだ我が家の男子が小学生だったある日。きゃあああ。と子どもが叫ぶのでベランダと見に行くと・・・。真っ白な鳩に、なんとうちの飼い猫が、いきなりがぶっと襲いかかり、まわりは血の海。なにしろ真っ白な鳩だから。私は鳩が死んだと思ったのだけど、よく…

政見放送を見ると思いだすこと

政見放送を見ると・・・20才になって選挙権を得たとき、やっぱり政見放送を見なくちゃと思った。今は亡き私の父は、学校の先生で日教組で社会党だった。選挙になると動員されて集会をみにいくと出かけていったり、選挙の前日は配布されたリストに書いてある…

思いつきをビジネスにする!

音楽の仕事をしたい!と地元名古屋を飛び出して、川崎の高津に住んでいた頃の事だ。少しずつ少しずつ音楽の仕事が入ってきていたものの、まだまだ、来月の家賃は払えるかヒヤヒヤしているような状態だった。バンドでデビューできないかなと、淡い夢も捨てら…

なまけものディ

世の中は母の日だった。私の母の誕生日がまもなくなので、私からのプレゼントはこれから。 写真は以前の母の日にあげたネコーシカ。 今日は私の母のことを少し書こうと思う。私の母は中学のとき、教育実習に来た父とつきあうようになり、高校を卒業して駆け…

私は小学生のとき、家を建てた!

私の家族は、私が3才くらいのころから父方の祖父母が住んでいた平屋市営住宅の敷地内に、勝手にプレハブ住宅を建てて住んでいた。もちろんトイレも台所もなく、トイレにいくときには、靴を履いて祖父母の家にいって借りていた。その小さな一戸建て不法住宅…

早熟なこどもだった・・・私がもっとも影響を受けた発禁図書「チビッコ猛語録」

私がもっとも影響を受けた本それは「チビッコ猛語録」である。デンマークからやったきた本で、近所の本屋さんに平置きされて話題になっていた、と思ったらすぐに発禁図書になった。でも本好き、新しもの好きの我が家では、母が購入したものが家にあったのだ…

ユニークすぎるお店の備忘録〜都筑区・中川商店街「和菓夢」

私が活動しているNPO法人の事務所があり、運営しているシェアリーカフェがある、中川駅の商店街に、かつて「和菓夢(わかむ)」という、ただものではない、おにぎりとおだんごのお店がありました。 お団子やおはぎなどの甘い物が半分。おにぎりや巻物などが…