読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽とまちづくり〜やっちゃえ!ジブン

横浜都筑のまちでコミュニティカフェやったり、音楽したり。こどもたちとまちづくりしたり。

やっちゃえ、コミュカフェ

コミュニティカフェ奮闘記
1.やっちゃえ、コミュカフェ

いつもそうなんだけど。
なにか新しいことがはじまるのは突然なんだよね。なにかをやろうとすると、そこにそれができる人達が自然と集まってくる。カモメのジョナサンはひとりじゃない。

そう。あまりにもいろんな偶然がかさなり、考えてもしなかった、カフェをはじめることになった。

NPOになって10年になろうとしているある日、また大きな委託事業が終了しようとしていた日、市役所から電話がかかってきた。「商店街の空き店舗活用の助成金があります。設立10年以内のNPOに応募の権利があります。コミュニティカフェ事業などをやる予定ありませんか?」と。

ちょうど、事務所の大家さんである、ハウスクエア横浜の空きスペースの活用で、シェアオフィスができないか?ついでにカフェ機能もあったらいいな・・・などとお話していたこともあった矢先の出来事だった。応募してみるか・・・。

申請書類をつくるのはNPO10年もやっていると、すっかりと慣れていた。最初は書くだけ書いて見るかと思い、メンバーに話すと、「ずっとカフェをやってみたかった」「珈琲が大好き」。空間があるなら、こんなこともあんなこともやってみたい、と妄想が膨らみ、みんなで楽しく申請書を組み立てるための会議をした。

ハウスクエアも超のってきてくれて、さくさくと書類はすすみ。。。

しかし、結果はNGだつた。

でももう気持ちは走り出していたから、理事を含め、会員みんなで話合い、カフェをやろうと決めた!!

市役所からの電話があったのが、5月。カフェをやろうと決めたのが7月。オープンが11月。

全員がカフェの運営経験もない、無茶なスピード感でシェアリーカフェははじまった。

すごいスピードではじまったカフェはどうなる?

f:id:akikoiwamuro:20160312231315j:plain
カフェになるべくなった107改装前。

 


さて続きはまた・・・・・。